22 Nights 23 Days 〜Day 5 : 青雲それは君が見た光〜

0
    ☆帰国後に写真やら文章を訂正します。とりあえず書いています☆午前8時起床。今日まで買い付けた荷物を発送するため、どこにも出ていく予定が無い為(前日にヘルシンキカードを無くしたという理由もあり)ゆっくり過ごす。今日の朝食は豪勢にチキンラーメン2袋。ロシア人の友人に「マタチキンラーメンカ」と呆れられる。うるさい!好きで喰ってじゃねぇ〜よ!など言いつつ、彼はこのあとスウェーデン、デンマーク、ドイツに向かうらしい。そんな彼と涙ながらのお別れをし、発送する荷物の準備。日本から段ボールやらプチプチ、テープ、吊り下げ式の計りを持ってきているので、大活躍。フィンランドの郵便局は、2kg、5kg、10kg、15kg、30kg刻みで値段が変わってくるので注意が必要です。なんとか10kg以内に収めたいとあぁでもない、こうでもないと一人奮闘。同室になった昨日あったらしいメタリカのライブを見に来ていたパンクスの若者たちに見守られながら、無事出来上がり完成。そうそう、もちろん荷物の運搬用に持ち運び用キャリーも持ってきていますよ!ガラガラと素敵な街中をキャリーを引いて移動。快晴のヘルシンキ。古い建物のあちらこちらでフィンランド国旗が立てられて、風に揺らめいている風景は遠い異国の地に来たことを強く感じさせます。荷物は自分で計った通り、10kg以内に無事収まり出荷。そして時刻は午前10時。明日はいよいよフィンランドを出国して、バルト海を挟んで向かいの国、エストニアに船で向かうのですが、船乗り場の位置の確認の為、港に散歩がてら向かう。遠目からみても分かるような人だかりが港に。近付いてみると、偶然にもフィンランド海軍の船の内部公開をしているみたい。見てみたい!と思いましたが、内部は写真撮影禁止&物凄い行列だったので、外観撮影だけにしておきました。そこから少し歩いたところに明日乗るフェリー会社、シリアラインの船着き場があるのでチェック。船が停泊していましたが、デケーヨ。チェックイン位置も確認出来たので、そのまま海岸線沿いをブラブラ。気持ちの良い天気の為、海がキラメキ、カモメもカーカー。途中、素敵な休憩所(なんて呼ぶのか不明)を激写。カップルと海の素敵な構図の写真が撮れました。それからしばらく歩くとガイドブックに載っている絨毯を洗う場所と、絞る機械を発見。あいにくその現場には立ち会えませんでしたが、かなりの大物も洗えるみたいですね。こんな絞り機見た事ない。海外線をぐるりとまわり、気付けばお昼の1時過ぎ。お腹も空いてきたので、かの有名な映画『かもめ食堂』で有名なkahvika suomiへ。入り口から日本語の洗礼が。映画でのレイアウトと違って、実際はもっとゴミゴミとしています。奥に厨房はなく、レジカウンターでした。厨房はさらに奥にあるようです。かわいいお姉さんに「日本人ですか?」訊かれ、噂の日本語のメニューを見せて頂きました!その中からマカロニと牛肉のなんちゃらを注文、日替わりメニューだと、飲み物とサラダバー、フルーツがビュッフェ形式です。パンかマッシュドポテトも選べました。僕が入った時もすでに日本人観光客がたくさんいましたが、その後ぞくぞくと入って来ます。ここは聖地ですね。ご飯を頂きながら、かわいい文字で書かれた日本語の注意書きなどを激写。満腹のお腹で一度、宿に戻り、ソファで小休憩。隣に座った男性がペルー人の人で、「来年はペルーに行きたいんだ!」とマチュピチュ遺跡やインカ帝国の話で盛り上がる。今はロシア人の奥さんとモスクワに住んでいるそうで、そんな会話をしていたら、汗をかいた男性が乱入。「どうしたの?」と訊いてみたら「エストニアに行ってから、ここにブラジルに帰るための航空券を忘れてしまって、船で取りに帰りにきたんだ!」と片手には航空券が。初対面の3人が無事見つかった事を喜び合う。「エストニアどうでした?」と訊くと「いやぁ、女性は皆キレイで、ストリップバーもあって、もし僕にいまの彼女がいなかったらエストニア人と付き合いたいくらいだよ!」とそんな事ばかり話す。エロいぜ!その後同じ宿になった人から聞いたアンティークショップへ。お!aarikkaの茶色い缶を発見!値切って値切って購入。そのあとは、スーパーへ行き、入り口に置いてあるカジノゲームを体験。20セントを投入しましたが、フィンランド語表示なのでどういう意味なのか分からないまま、終了。飲み物を買い、そのままホテルでゆっくり。ここに来てからよく見かけるアメリカ人と喋る。ルーマニアで生まれアメリカに移住して、今はフィンランドで職を探しているそうです。ルーマニアと日本、それぞれの歴史や偉人をお互いに教え合う。あまり知らなかったルーマニアの歴史を教えてもらえ、とても面白かったです。日本で知っているルーマニアのことといえば恥ずかしながら、コマネチとドラキュラぐらいだったので、ビートたけしとコマネチが共演しているYouTube動画を見せて、ギャグの意味を理解してもらう。こちらも大阪の事を紹介し、大阪城の内部にエレベーターがあることを伝えると大爆笑。クレイジーだぜ!その後も色々と話していくと、どうやら日本に興味があったらしく、学生時代日本語を少し習っていたようで、「オハヨウゴザイマス」や「アリガトウゴザイマス」を喋ってくれました、なかなか上手い。またJ-POPにも興味があるらしく、映画『キルビル』内で流れた日本人女性のバンドの音楽を歌ってくれたり、海外では有名な日本人が出演している?謎のミュージシャンの動画を見せてくれたり(明らかに中国式の庭で忍者が刀を振り回している)など大いに盛り上がりました。あら、今日結局1個しか買い付けしてないわ。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM